ご挨拶

ご挨拶この度は数ある建築会社、不動産会社のホームページの中から、弊社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

有限会社アイズホーム代表取締役の清水貴成と申します。

いい家ってなんだろう

いい家って何でしょうか?

弊社は輸入建材の卸販売から創業した平成2年以来、おかげさまで25年以上にわたり地域の皆様とともに発展してまいりました。
他業種からの参入でしたが、私自身前職を含め不動産及び建築にたずさわり四半世紀が経ったことになります。
私自身、大工でも設計士でもなく皆様と同じように全くわからないところから始めてまいりました。
自宅もハウスメーカーの注文住宅で建てましたが、全く解らないことだらけで非常に不安であった事を覚えております。

「家は3度建てないと本当に自分に合った家は建てられない」というお話もあるようですが、人生の中で3度家を建てられる人がいったい何人いるでしょうか。

最初に家を建てる人は、知識不足の自責の念や後悔の中で、新しい家と向き合わなければいけないのでしょうか。
私が「家を建てる」仕事に携わるようになったのもこのような実体験が基になっております。

人は一人で生きてゆけません。
私も結婚し、子を持つようになってこの思いはもっと強いものになりました。
その愛する家族たちが暮らす家。
アイズホームの名称は私=アイ(I)が思い人と結ばれ、子供ができてアイズ(I'S)となり、それぞれが愛し愛される愛'ズになってほしい,みなが暮らす家が愛図(アイズホーム)になってほしい...という想いをが込めて作った称号なのです。

私は大工ではありません

前述のように私は大工や設計士ではありません。
なので、私が直接ノミや金槌をふるって家を建てたことはありません。
ただその分、不動産、建築に関しては私なりに最大限努力し勉強してまいりました。
いい商材があると聞けば実際に見て判断しなければ結論が出せないので静岡、九州、東北まで足を運びました。地震に強い工法があると聞き商社様や施主様に無理を言って現場を見学させていただきました。
このようにして数千人に及ぶ方々と良い出会いをしてまいりました。
いまでも継続的に様々な商品イベント、工法研究会、セミナーなどに年間30件以上出席しております。
なので独りよがりかもしれませんが、大工や設計士の知らない多くの知識や経験をほんの少しは持っているものと自負しております。
そのうえで私の中での「いい家」とは、家をただ建て作るというものではなく、住まわれるお客様のライフスタイルに沿ってデザインされ建築された家が「いい家」なのだという考えに至りました。
お客様とコミュニケーションをとり、お客様の現在と未来像を想像しながら創ってゆく家。そのお手伝いをできるのが私共であればものすごく光栄であり、またこの上ない幸せです。

お客様は数千万円のお金をかけて家を建てられるわけですから、それを建てる私どもにも大きな責任が伴います。
弊社で使用している商材は私たちが本当に良いと感じ、確認した商材しか提供しておりません。
私どもはお客様に自然派素材を利用したご提案をさせていただいておりますが、この建材や商材類は静岡や九州など国内で生産加工され、商品の品質を確認し、お客様がお求めやすい価格になるようを交渉し価格を調整してご提供しているものです。
もちろん、住宅設備なども必ず製造工場を見学し弊社で標準採用している商品がどのように製造されているのか確認をしお客様へご説明できるよう努めております。
お金の面でも性能の面でも納得のゆくものをお勧めしてまいりたいのです。

私どもが自然派素材をお勧めする理由

私どもが自然派素材を使用した住宅を推奨するのにも理由があります。
過去にシックハウス症候群など、住宅建材などから発生される化学物質の過剰吸引を原因とした症候がクローズアップされました。
倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状にどれだけ多くの方が苦しんできたでしょう。
これに対応するため政府は新築住宅の建築時に24時間換気を義務付けることとしました。
今現在、使用される接着剤や溶剤などもかなり進歩し、いわゆるFフォースターと呼ばれる規格がまとまり建材,接着剤類なども含め建築現場では可能な限り化学物質が含まれない商材を製造,使用するようになっております。
しかし、これですべて解決したのでしょうか?
これは私どもと取引のある金融機関の担当者のお話ですが、4年ほど前に新築住宅を建てお住まいになられたそうです。ですがその後、何年か経過すると奥様とお子様が喘息の症状をうったえるようになったそうです。
今では処方されたお薬の薬効もあり少し症状が治まっているようですが、その原因がわからないので不安が付きまとっているとのお話でした。
一般的に使用されている第3種換気による24時間換気システムは、技術的な弱点もあります。
それは高い位置の換気は大丈夫でも床上60センチくらいまでの空気はほぼ滞留したままになってしまうということです。
この事実によってご家族の中で一番の影響を受けるのは、身長1メートル未満の小さいお子様です。
お子様たちは恒常的に化学物質が含まれた空気を吸い続けることになってしまうことになるのです。
建材の進歩は目覚ましく、今現在も進んでおります。すべてのお客様の中にこの様な症例が出るわけではありません。
しかし私どもは、前述のような体に負担を強いない家、健康年齢を10年延ばす「素材にこだわる本物の家」づくりを目指したいと願っているのです。

お金も大事!!

でも、そんな建材を使えばも価格もかなり...と心配にもなりますよね。
特に無垢材を使用するとなるとお客様の間では「ものすごく高い家になっちゃうのでは?」という不安もよくご相談を受けます。
このような心配をやわらげ、同じ理念を多くのお客様と共有するべく、アイズホームは「木」という素材に寄り添いながら、関係各社様との協力体制もより強固にし、中間マージンを極力かけない仕入れ方法を確立しております。
同じ価格ならワンランク上の家を建てられる独自のシステムを構築しているのです。
特に無垢材などの魅力的な商材はどれも高価であったり、他の商品も他社では扱いのない商品が多くお客様がコストを気になさって、気兼ねなく使えない!というお声も聞こえておりました。この声にお応えするため、私共では割増金額を一切頂かず、無垢材や塗り壁を天井にも壁にも使いたいところにつかいたいだけ。
ビュッフェ形式のレストランの様に好きなだけお使いいただけるプランをご用意いたしております!

勿論、性能面でも劣らないよう、2017年にZEHビルダーへの登録を完了させ、より省エネルギーで高機能な住宅をコストパフォーマンスよく地域のお客様へ提供できるよう準備を整えております。

一生のお付き合い、地元・地場にこだわってまいります!!
ご挨拶なぜか「ぎーぽん」と呼ばれる私 清水貴成が社長として、不動産や建築のプロとして、地元の学校に通わせる1児の子の父として、マスコット(?)としてアイズホームの仕事全てに関わります。大手企業の様に他県に支店を構えていたりで私自身が転勤することはありません。
地元で仕事をし、生活をしているのです。なので一生のお付き合いになるのです。

アイズホームグループはこの先も地域のより良い不動産会社、工務店であり続けるよう、お客様へのトータルサービスを考え、一人一人のニーズに合った新しい技術とノウハウをもって、お客様の物語へ誠心誠意お答えしてまいります。

住まいへの夢を諦めず、お客様の「物語」をぜひ私どもにお聞かせください。

アイズホームグループ 代表 清水貴成

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント