K様邸 新築追っかけレポート⑧内装が完成しました!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

今回は新築住宅の追っかけレポート第8弾。内装が完成しました!

6-1.JPG

6-2.JPG

吹き抜けにかかる階段。角を切り取るように開いた窓からたっぷりの光が降り注ぎ、明るい空間です。全体的に白でまとめたシンプル&ナチュラルなデザインに、ダークブラウンのサーキュレーターがよく映えます。

6-3.JPG

木枠がかわいらしい室内窓は吹き抜けと2階のお部屋をつなぎ、風が吹き抜けます。
家全体に風を通す工夫です。

6-4.JPG

間接照明がおしゃれな折り上げ天井のリビングです。はっきりとした木目がシンプルな中に華やかさを感じさせます。

6-5.JPG

キッチンもホワイトとブラウンでまとめました。清潔感があり、使いやすい対面キッチンです。

6-6.JPG

ランドリールームも完備。室内干しもできるので花粉や悪天候の日も安心ですね。

次回は外観についてレポートします。お楽しみに!

これまでのレポートはこちらをご覧ください
第1弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2021/12/k.html
第2弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2021/12/k-1.html
第3弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/01/k-2.html
第4弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/02/k-3.html
第5弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/03/k-4.html
第6弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/04/k-5.html
第7弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/05/k-6.html

K様邸 新築追っかけレポート⑦壁紙を貼りました!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

今回は新築住宅の追っかけレポート第7弾。壁紙が貼られ、内装ができあがってきました!

5-1.JPG

こちらは階段に前板をつけている途中です。

5-2.JPG

ボードを貼ってから......

5-3.jpg

白いシンプルな壁紙を貼りました。木枠の室内窓がかわいらしいですね。

5-4.jpg

施工途中のキッチンです。

image005.jpg

全体的に白い壁紙で、シンプルなデザイン。折り上げ天井に照明が入るとまた印象が変わります。

5-6.jpg

角の窓もおしゃれですね。
次回は完成した内装をご覧いただきます!お楽しみに。

これまでのレポートはこちらをご覧ください
第1弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2021/12/k.html
第2弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2021/12/k-1.html
第3弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/01/k-2.html
第4弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/02/k-3.html
第5弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/03/k-4.html
第6弾https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/04/k-5.html

アイズホームがおすすめする住宅設備(5)玄関手洗い器

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

念願のマイホーム!せっかくなら設備にもこだわりたいですよね。
今回は、アイズホームがおすすめする住宅設備「玄関手洗い器」についてご紹介します。

「アイズホームがおすすめする住宅設備」
(1)食洗器はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/01/1-2.html
(2)タッチレス水栓はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/01/2.html
(3)自動掃除機はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/03/3-1.html
(4)ガス衣類乾燥機はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/04/4.html

コロナ禍で人気急上昇
4-1.jpeg

ここ数年のコロナ禍によってお客様からのご要望が高まっている玄関手洗い器
帰ってきてすぐに手洗い・うがいができますので、便利で衛生的です。玄関ホールに設置するほか、土間収納につける方もいらっしゃいます。
お子様の手洗い・うがいの習慣化にもつながりますし、造作洗面台にすれば内装の雰囲気を壊さずにおしゃれなアクセントにもなります。

過剰設備にご注意!
4-2.JPG

何かと便利な玄関手洗い器ですが、注意したいのが過剰設備になっていないかということ。
1階に洗面室がある場合、間取りを工夫すれば必要ないこともあります。例えば玄関からリビングを通らずに洗面室に直行できる動線をつくれば、玄関に専用の手洗い器をつくる必要はありません。
設備は増やせば増やすほどコストがかかりますから、当社では不要なものはなるべくつけないようご提案しています。

散水栓を利用する
4-2.JPG

当社の家づくりでは、散水栓が標準装備されています。お庭やカーポートに設置して植物の水やりや洗車に使えるものですが、ふたを開けてホースを取りつける必要があるなど、そのままだと使いにくいことも。
そこで、立ち上がり水栓をつけて水道蛇口として使えるようにするお宅が多いです。散水栓をどこにつけるかはプランニングで決められますので、玄関先にもってきて玄関手洗いとして使用することもできます
また、ワンちゃんを飼っているお宅ですと散水栓の代わりにペット用水栓を玄関脇につくる方もいらっしゃいます。ペット用とはいえ人間も使えますから、玄関手洗い器代わりになります。

とにかく無駄なコストを省き、その分をこだわりたい部分に投入するべきというのがアイズホームの考え方です。
お客様のご要望をしっかりヒアリングしてプランニングさせていただきます。間取りにお悩みの方はぜひご相談くださいね。

ストレートダイニングのよさとは?

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

昨今流行りのストレートダイニング。キッチンとダイニングが横並びになったスタイルです。
今回はストレートダイニングのよさと施工のコツを紐解いていきます!

3-1.jpeg

●家事ラク動線
ストレートダイニングのよさのひとつに、キッチンと横並びで距離が近いので配膳がしやすいという点があります。
お料理をダイニングまでもって行って、食べ終わった後のお皿をもって戻って......という毎食の動線がスムーズになることで、家事がラクに。シンクも近いので小さなお子様が食卓を汚してもすぐに対応することができ、きれいが保ちやすいのも特長です。
また、キッチン前のスペースが空くのでキッチンカウンターを設置することもできます。カウンターをスタディーコーナーと兼用すれば、お子様の宿題を見守りながらお料理できて効率的です。

●敷地面積的に難しい場合は?
専用のキッチンが発売されるなど注目を集めているストレートダイニングですが、間取り上ある程度の敷地面積が必要になります。
ただ、土地が東西に長いか南北に長いかで間取りのつくり方は違ってきますし、LDK以外のお部屋の配置に左右されることもあります。単純に「〇坪ではつくれない」ということはありませんので、諦めずにご相談くださいね。
また、I型キッチンではなくL型にすればキッチンの幅が少し短くなりますし、奥行きが取れればⅡ型キッチンという方法もあります。
いずれにせよ出入りの動線が確保できればOKですので、よりよい方法をご提案させていただきます

アイズホームは、お客様のご要望をご予算に合わせて無理なくプランニングさせていただきます。ぜひお気軽にご相談くださいね。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

新築がチャンス!壁掛けテレビのすすめ

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

最近はテレビを観る人が減っているといわれていますが、YouTubeなどの動画配信サービスをテレビに繋げて鑑賞する人はむしろ増えているのではないでしょうか。
液晶はどんどんきれいになっていますし、70~80インチの大きなテレビも手の届く価格になってきましたし、リビングには欠かせない電化製品といっても過言ではありません。

当社のお客様でもテレビにこだわる方は多く、中でも人気は壁掛けタイプです。
壁掛けテレビは掃除がしやすく、見た目にもすっきりしておしゃれ。内装デザインの邪魔にもなりません。

2-1.jpeg

ただし、気をつけたいのが配線です。壁に掛けてすっきりさせたつもりでも、配線がテレビ下から延びていたらあまり見た目がよくありません。
配線を外に出さないためには、壁に空洞をつくってそこに配線を収める施工が必要になります。また、壁に掛けるための金具や壁の補強なども欠かせませんし、コンセントもちょうどいい位置につけたいですね。
これらは後から工事するとかなり大掛かりなものになってしまいますし、場所によっては断熱材を傷つけることになりかねませんので、新築のときがチャンスです!

ガス衣類乾燥機も「新築がチャンス!」の家電です。詳しくはこちらをご覧ください。
「アイズホームがおすすめする住宅設備(4)ガス衣類乾燥機」https://www.ishome.yokohama/cgi/mt/mt.cgi

「気になっているけれど、コストの問題もあるしやっぱりやめよう......」と自己完結せず、まずはアイズホームにご相談ください!
コストをかけるところ、節約できるところを家づくりのプロの目線で考え、ご提案させていただきます。

皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。

ベビーカー収納、もう困らない!土間収納の活用アイデア

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

おむつ、着替え、哺乳瓶......赤ちゃんとのお出かけは本当に荷物が多くなりますよね!ベビーカーは赤ちゃんだけでなくたくさんの荷物も運んでくれるママの強い味方です。
一方で、お家でのベビーカー置き場に困っていませんか?そんなときには土間収納がお役立ち!ベビーカーはもちろん、外で使うさまざまなものを収納できる便利空間です。

1-1.JPG

外で使う道具を何でも収納可能
土間は土足で使用できる、半分中・半分外のような便利な空間
。ベビーカーはもちろん、野球のバットやサッカーボール、ゴルフ道具などのスポーツ用品、アウトドアグッズ、車いすなどを収納できます。
年代によって使用するものは変わりますが、永く暮らすマイホームだからこそ、年代を問わず活躍してくれる間取りをおすすめしています。

土間収納は隠さなくてもOK!
昔は「土間」というと汚れたものを置く感覚だったので(泥のついた農具や履物など)あまり人目につかないようにしましたが、最近は見せる収納のような開放感ある土間収納をつくることも少なくありません。
土間収納はシューズクロークと併用することが多いですが、例えばスニーカー収集が趣味のお客様の場合は、お店の陳列棚のようにしておしゃれに飾りながら収納されていました。その中から今日履く靴を選ぶのは、気分が上がりますね!
また、珍しいグリーンを並べて置いてもすてきですし、ほうきなどの掃除道具も壁にぶら下げる形で整然と並んでいればインテリアのようでおしゃれです。
扉がなく開放的だと空気もこもりにくいですし、人目につくから結果的に片付きます

扉はいる?いらない?
土間収納内に換気口をつくることもできますし、扉があるからにおいがこもる...という点はあまり気にされなくても大丈夫です。
当社が家づくりをしている横浜市の戸建てですと、だいたい1坪くらいが土間収納の平均の広さです。扉があると壁が必要になり、そのぶん広さが必要になるので、奥行きが取れない場合は壁をなくしてオープンにつくることをおすすめしています。
広さの問題がなければ、扉をつける・つけないはお好みで選んでいただけますよ。

1-2.jpeg

アイズホームではお客様のご予算に合わせてプランニングさせていただきます。資金計画に無理がなく、それでいてご要望を叶える設計をご提案いたしますのでご心配なく!
ご興味のある方はぜひお気軽にご相談くださいね。

おうち時間を楽しくする設計アイデア(3)階段下活用術

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

まだまだおうち時間が長くなりそうな昨今、家のつくり方もおうち時間を楽しく、心地よくするような設計が流行しています。
シリーズでお届けする「おうち時間を楽しくする設計アイデア」、第3回目は「階段下活用術」です!

いちばん多いのは?
8-1.jpg

階段下は狭いし、暗いし、ホコリもたまりやすいデッドスペース...なんて思っていませんか?
階段下の小さな空間はアイデア次第でいろいろな使い方ができるんです!
当社の施工でいちばん多いのはトイレとして活用する方法。空間の広さがちょうどいいですし、換気システムもしっかりしているからにおいもこもりにくいです。
また、収納スペースにするのも定番の使い方。掃除用具や外で使用する道具をしまうのに便利ですよ。
見せない収納ではなく、棚をつくって見せる収納やインテリアコーナーにしてもすてきです。

ワークスペースとしても
小さな書斎として活用するのもおすすめです。適度な「狭さ」や「こもり感」が集中力を増してくれ、仕事もはかどります。ゆっくり読書や映画鑑賞を楽しむなど、ひとりの時間を過ごすにも最適
入り口をR型にするとますます隠れ家のようになって楽しいですよ。お子様の「秘密基地」にして喜ばれているお宅も!

生活スタイルに合わせて
8-2.JPG

階段下に部屋をつくらず開放して小上がりスペースをつくったり、ガラス張りのワインセラーを設置したり、生活スタイルに合わせて使い方は自由自在です。
アイズホームではお客様の家づくりのご希望や生活スタイルをしっかりとヒアリングして、ぴったりの間取りをご提案させていただきます。
迷ったら何でもお気軽にご相談くださいね。

次回の「おうち時間を楽しくする設計アイデア」もお楽しみに!

バックナンバーはこちらから
第1回目「ヌック」https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/02/1-3.html
第2回目「ウッドデッキ」https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/03/2-2.html

アイズホームの空調システムって電気代はどのくらい?

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

当社が採用している空調は、エアコン1~2台で家全体の室温を一定に保つシステム
全館空調」ともいえますが、いわゆる全館空調システムとは仕組みが少し異なります。
その1~2台のエアコンを基本的に24時間稼働させっぱなしにするので、お客様から電気代の不安をご相談されることも。
その建物の大きさを始めさまざまな条件があるので、「年間このくらい電気代がかかります」という細かな数字を出すことはできないのですが、これだけははっきり言えます。
電気代は高くありません!
しかしそれには運用のコツがあることは確か。今回は当社の空調システムを活かすポイントについてご紹介します。

7-1.jpg

高断熱の家のほうが効果が高い
家中の空調調節をするエアコン1~2台が常に動いているのと、部屋ごとにつけたエアコン3~4台がその都度室温を上げたり下げたりするのと、どちらのほうが電気代がかかると思いますか?
答えは後者。エアコンは設定温度にするまでの出力が大きいのでその間の電気代も大きいですし、エアコンの台数分だけ掛け算することになります。
また意外と知られていないことですが、各居室空調の場合、断熱材のおかげで家の外には空気が逃げていきませんが、隣の部屋や天井、床下などに逃げていってしまいます
しっかり断熱の効いた家であれば、エアコン1~2台で家中の空調調節をする当社の空調システムのほうが効率がよく、電気代もお得です。家全体の空気も循環する工夫をしているのでどこかにこもってしまうこともありません。

太陽光発電システムと蓄電池を併用する
太陽光発電・蓄電システムを併用できれば、尚効率的です。
売電の金額は安いのであまり期待できませんが、これから上がっていくいちばん高い昼間の時間帯の電気を自宅でつくった電気を貯めて使うことができれば、電力会社から買う必要がありません。予算に余裕があれば貯蓄電池を備えると電気を溜めておけるのでさらに効率がアップします。

不要な熱損失を避ける
「間取りに工夫が必要なのでは?」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、実は間取りよりも窓の数や大きさの計算のほうが重要です。
窓が多いほど、また大きいほど、熱損失は大きくなります。明るい家にしたいからといってあちこちに窓をつくりすぎると、断熱性能が落ちてしまうので注意が必要です。
前述したように当社の空調システムは断熱性能が高いほど効率がよく電気代も安くなります。不要な熱損失をしないよう、窓の面積などもしっかり計算させていただきます

7-2.jpg

イニシャルコストもランニングコストもかけず、健やかな生活を送れる高性能住宅を実現したい!」という考えのもと、採用された空調管理システムです。
ご関心のある方はお気軽にご質問くださいね。喜んでご説明させていただきます!
皆様のご連絡お待ちしております。

インナーバルコニーの魅力とは?

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

バルコニーとは、2階以上の階に設置される屋根のない張り出し部分のこと。いろいろな種類がありますが、昨今インナーバルコニーが人気です。
では、インナーバルコニーとはどのようなものなのでしょうか?

6-1.jpeg

●半分中・半分外の中間領域
インナーバルコニーとは、建物内部につくられた屋根つきのバルコニーのこと。張り出しているのではなく、引っ込んでいるイメージです。
バルコニーで懸念されるのが雨漏りですが、インナーバルコニーは屋根がついているのでリスクが下がります(もちろん防水対策はしっかりします)。
インナーバルコニーの魅力は半分中・半分外の中間領域ということ。中と外の境界が曖昧で、家の中にいながら外活動が行えます。

●インナーバルコニーを楽しもう
バルコニーは洗濯物干し場として使用する方が多いと思いますが、インナーバルコニーなら屋根つきなので急な雨でも安心。降水確率50%、なんて微妙なラインでも思い切って干しちゃえます!
また、イスやテーブルを出してセカンドリビングや、テレワークのワークスペースにもなります。心地いい陽気の中、外でお仕事なんてすてきですよね。カフェのテラス席みたいです。また、屋根がついているから日よけが必要なく、気軽に使用できます。

●注意したいことも
インナーバルコニーで外活動を楽しむためには、最低でも2畳はほしいところ。張り出しではなく家の内側につくるので、そのぶんお部屋が狭くなります。
必要な間取りをプランニングして、無理のない広さでつくるといいでしょう。

インナーバルコニーは境界が曖昧な中間領域が魅力。ご興味のある方はぜひご相談くださいね。
皆様からのお問い合わせお待ちしております。

アイズホームがおすすめする住宅設備(4)ガス衣類乾燥機

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

念願のマイホーム!せっかくなら設備にもこだわりたいですよね。
今回は、アイズホームがおすすめする住宅設備「ガス衣類乾燥機」についてご紹介します。

「アイズホームがおすすめする住宅設備」
(1) 食洗器はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/01/1-2.html
(2) タッチレス水栓はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/01/2.html
(3)自動掃除機はこちらからhttps://www.ishome.yokohama/diaryblog/2022/03/3-1.html

5-1.jpeg

早くてちゃんと乾く!
衣類乾燥機と聞くと、「すごく時間がかかる」「ちゃんと乾かない」というイメージをお持ちの方も多いと思います。
しかし、ガス衣類乾燥機は違います!ガスのパワーで短時間乾燥を実現。リンナイガス衣類乾燥機「乾太くん」の場合、5kgの洗濯物なら約52分で乾きます。電気の衣類乾燥機と比べると約1/3の時間で済むので、家事時間を大幅に短縮できます!
しかもふわふわに仕上がり、乾燥機から出してそのままたたむことができるのも特長です。
壁にダクトを通して湯気を直接家の外に出すので、室内にこもることがありません。

菌の減少率99.9%!
生乾きの嫌なにおいの原因は、モラクセラ菌という家庭内のさまざまな場所に存在する菌の一種。再び「乾太くん」を例にとりますと、パワフルな温風で「モラクセラ菌」の発育を抑制し、菌が99.9%減少するとのデータがあります。
花粉や梅雨で外干しができない日が続いても安心ですね!

取り入れるなら新築がチャンス!
ガス衣類乾燥機は、ガスを通す管や湯気を輩出する管を壁の中に通すので、壁に穴を開けます。
新築の際はそのことを計算に入れて断熱材を設置できますが、家が建った後に取り入れる場合は断熱材に穴を開けることになります。せっかくしっかり充填できた断熱材を傷つけることになりますので、断熱性能が下がってしまいます
もしもガス衣類乾燥機が気になっているなら、新築プランニングに入れておくことをおすすめします!

アイズホームは、ただ便利なだけでなく、その先にある豊かな生活を生み出してくれる設備がよい住宅設備だと考えます
家事の時間を短縮することで、よりよい時間をお家で過ごすことができる設備をおすすめしています。

今後もおすすめの設備をご案内していきますので、お楽しみに!