☆リビング特集☆明るく解放感があるリビングをご紹介します

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、自然素材にこだわった家づくりをしています。
ほとんどのお客さまは、無垢材を使用。無垢本来がもつ温かみや香りが、ご家族に安らぎを与えてくれること間違いなしです。
施工事例の中から、リビング特集をご紹介します。

8-1.jpg

オープンキッチンの横にカウンター型のママデスクコーナーを作りました。壁面も有効に活用でき、ご家族のスケジュール共有等もばっちりです。
キッチンに立ちながら、ママデスクでお仕事をしながら、どこにいてもリビング全体を見渡せるつくりになっているのが嬉しいポイント。
お子さまからも常にママが見える、安心の空間です!

8-2.JPG

アイズホームがご提案するシリーズの中でも人気の高い、「コートヤード」という商品シリーズのお家です♪中庭を真ん中にしてコの字型のつくりになっており、明るく解放感のあるリビングに仕上がりました。
リビングから外に出るとウッドデッキが。一体感があり、お子さんが存分に走り回ることができるのも魅力です!

8-3.jpg

こちらもコートヤードのお宅です♪リビングの床材は、宮崎県産の節のない希少な「杉材」を使っているのが特徴です。「杉材」は無垢材の床の中でも特に香りが良いことで知られています。この香りに含まれるフィトンチットという成分は、森林浴などで得られる癒しの効果になっているもの。癒やし効果抜群のリビングです!

8-4.jpg
8-5.jpg

こちらは、バルコーネという商品シリーズのお宅です♪2階に広めのバルコニーがあるため、陽の光や温かさを家に入れながら夏場の日射を防いでくれるパッシブデザインといわれる設計がされています。
こちらも「杉材」を使用。奥の小上がり部分にも「杉材」を使っています。

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

【スタッフインタビュー】営業の宮崎泰俊を紹介します!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

今回の「スタッフインタビュー」は、営業の宮崎泰俊です。

7-1.jpg

Q:自己紹介をお願いします
A:営業、接客、プランニング、施工管理、見積もりまで営業業務全般を担当しています。
また、セミナーでは主に資金計画のセミナー担当をさせていただいております!
これまで 他社のモデルハウスを1000件以上見てきました。大手ハウスメーカーのスペックをお客さまのご予算内で実現できるよう、私のスキルを最大限に発揮いたします!
体が大きいだけでなく、心も同じくらい大きいです!最近は映画鑑賞にはまっています。

Q:どんなときにやりがいを感じる?
A: ほとんどのご家族にとって、家づくりははじめての体験。家族構成や生活スタイルを細かくお聞きし、このような家づくりをしっかりしたライフプランを構築して、無理のない返済計画をもってご提案する!
特に強いこだわりをお持ちでなかった部分でも入居後に、「宮崎さんの提案のおかげで住みやすい!」とご満足いただけたときに毎回幸せを感じます。 

7-2.jpg

Q:アイズホームの魅力とは?
A: デザイン性の高い高性能・高機能住宅をお客さまのご予算に合わせてご提案させていただきます。地域密着でメンテナンスの対応も迅速。安心してお任せいただきたいと思っています!
         
Q:これから家を建てたい!と考えておられる方にメッセージをお願いします
A: 『良い家』の定義はご家庭によりさまざま、幸せの形も違います。私たちは、お客さまとの打ち合わせの中でさまざまな要素を積み上げて、総合的に「健康」と「安心」をしっかりとした資金計画の基にご提案する家づくりを行っています。何でもご相談ください!

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

Zoomでマイホーム相談!ステイホームの今だから

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

新型コロナウィルス変異株の流行により、ステイホームがまだまだ続いている今日この頃です。
こんな時期だからこそ、
今住んでいる賃貸が手狭になってきたので、広い家に引っ越したい
テレワーク用に仕事部屋がほしい
子どもが幼稚園に入るまでには、小学校に上がるまでには家を建てたい

などなど、マイホームについて色々と考える機会が増えている方もいらっしゃると思います。

6-1.jpg

6-2.jpg

この機会にぜひ、家づくりについて一歩進んで検討してみませんか?

私たちは常々、「いろいろ家を見て回りましょう」とお伝えしているのですが、外出自粛が続く今、残念ながらそれもなかなか難しい状況です。

であれば、お家時間を有効に活用!
アイズホームのオンライン相談会で「どんな家がいい家?」「家づくりってどうやるの?」など、家づくりをスタートするための疑問点をご質問ください。
インターネットであれやこれやと調べるより、断然オススメです!!!

家づくりは、多くのご家族において一生に一度あるかないか、ほとんどのご家族が家づくりについては初心者で当たり前。
何から始めればよいかわらかない」という方も多いと思います。
何から始めるのがよいか」、私たちが丁寧にお伝えさせていただきます!

Zoomによるオンライン面談、お気軽にご相談ください。
皆さまとの出会いを楽しみにしております!

Zoom面談申し込みはこちらから↓↓↓
https://www.ishome.yokohama/event-ssl/contact3.html

【なが~いお付き合い】アフターメンテナンスにかける想い

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

横浜市川崎市を中心に、自然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てるお手伝いをしています。

私たちアイズホームでは、目安として、会社から車で1時間程度でお伺いできるエリアのお客さまとお仕事をさせていただきたいと考えています。
その理由は、「」が完成してからも、新たにまたなが~いお付き合いがスタートするから。
」は完成したら終わりでなく、暮らしの変化や年月の経過で、お手入れをしながら住み続けていくものだと考えています。
完成後も「何かあったときにすぐに駆けつけられるように」。これが私たちアイズホームの信念です。

社長の清水がおりますので、何年か経って「窓口の担当者が変わった」というようなこともありませんのでご安心ください。

5-1.jpeg

注文建築で新築されたお客様には、お引渡し以後の3ヶ月6ヶ月1年に必ず訪問し、定期点検をさせていただき、その場その場で建具等の微調整も行います。

とくに不具合がなくても、少しでも気になっていることをお気軽にお話ください、とお願いしています。やがて出るかもしれない不具合を未然に防ぐことは、長く快適に過ごしていただくためのメンテナンスのコツともいえると思います。

5-2.jpeg

2年後の定期点検からは、第三者機関に調査を委託しています。このシステムを導入したのは、工事による不具合なのか経年劣化によるものなのか切り分けをしてもらう等、外部の専門家の目で正しいチェックをしてもらいたい、という考えから。

5-3.jpeg

写真を添付した報告書をお渡しすると同時に、当社から建物を維持するための計画的なメンテナンスのアドバイスもさせていただいています。

」は住み始めてからが本番です。ぜひ、私たちがアフターメンテナンスにかける想いも知っていただけると嬉しいです!

その他の詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

【疑問を解決】シンプルモダンって結局どこがいいの?

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

前回、私たちアイズホームの考える「デザイン」についてお話しました。
今回は、その「デザイン」についてお客さまから聞かれることの多い疑問、「シンプルモダンってどこがいいの?」についてです。

4-1.jpg

シンプルモダンは、近年人気が高まっているデザインの一つ。お聞きになったことがある方も多いと思います。
Simple is best」という言葉がありますが、家のデザインとしてシンプルモダンが人気となっている背景には、「シンプルさが逆にかっこいい」というアップル社製品が打ち出すイメージがあるのではと思っています。
アップル製品のスッキリさ、無駄のなさを多くの人は「かっこいい」と思うように、家のデザインも極力無駄なものを装備せず、スッキリしたデザインが人気の傾向にあります。

その上で「シンプルモダンな家はどこがいいの?」という疑問に対する答えは、

家の性能が大きくアップする

ことです!

シンプルモダン」の家では、当然、窓の数も少なくします。
これが高性能住宅の大きなポイント。
壁にいくら高断熱材を使っても、窓が一つ増えるだけで冷気も暖気もどんどん逃げていってしまいます。窓の数を極力抑えることは、実は家の性能アップに大きく貢献するのです。

また、「シンプルモダン」の家が見た目的におしゃれにまとまる理由の一つに、インナーバルコニーを採用するケースが多いというのもあります。
一般的な出っ張るバルコニーではなくインナーバルコニーを採用するケースも多いです。居住空間を多くとるためにどうしてもバルコニーを出っ張らせざるを得ないときもありますが、一般的な出っ張るバルコニーではやはり見た目的には劣ります。
スッキリさでいうと、インナーバルコニーが断然おすすめです。

その他の詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/


アイズホームのデザインのこだわり

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

これから家を建てようと考えていらっしゃる皆さまにとって、「デザイン」は大きな関心事ではないかと思います。

3-1.jpeg

おしゃれでセンスのいい家に住みたい!」とは思うものの、
色々なデザインの家があるけど、どんなデザインがよいのかわからない・・・」
個性的なデザインにしたいけど、住みやすい家でないと困るし・・・」
長く住むから、飽きのこないデザインにした方が安全かなあ・・・」
などなど、さまざまな疑問点があるのではないでしょうか?

家のデザインにも、たしかに流行のようなものは存在します。
ですが、たとえ100年経っても、素晴らしいデザインが施された建築物は素晴らしいですよね。
世界遺産に認定されている建築物を見たとき、古いのになぜか新鮮さを感じたりもするものです。

私たちアイズホームが家づくりで大切にしているデザインも、"この先長く住み続ける"家のデザイン。
お客さまのご要望のイメージをお聞きしながら、快適で住みやすい、そしてその土地に溶け込む家をご提案しています。

3-2.jpeg

具体的には、土地の周辺環境はどうなっているか、周りにはどのような家が建っているか、日射はどのように入ってくるのか等を見て、家の形を考え、屋根の形状を考え、窓の形状や配置を考えてデザインを作り上げていきます。

3-3.jpeg

間取りを考えるのは、順番的に最後。住みやすさを考えると、その土地の特性を見極めたデザインから間取りを考えるのが一番理にかなっていると考えています。

アイズホームは、住み心地の良い「いい家」づくりにとことんこだわっています。

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

【施工事例】自然素材たっぷりの健康になれる家☆

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームで家を建ててくださった、Y様邸のご紹介です。
女の子3人家族と、女子率高めのため、予算内で可能な限り自然素材をたっぷり使った家がご希望でした。

2-1.jpg

アースカラーがお好みのご一家のご希望で、外観は落ち着いたチャコール系の塗り壁。少し奥行きのある2階のバルコニーも活用の幅が広がりそうです。

2-2.jpg

レンガブロックをアクセントに加えて、とってもおしゃれに仕上がりました!

<こだわりポイント>
・玄関や水回りは、自然素材である「珊瑚の塗り壁」
1階の玄関、リビングダイニング、キッチン、洗面所は自然素材である「珊瑚の塗り壁」にこだわりました。「実際に住んでみて実感したのは、冬場に使用する加湿器の減りが、塗り壁の1階と壁紙の2階では全然違うことです!」とおっしゃるY様ご家族。漆喰には自然の調湿機能が備わっています。真冬も乾燥知らずのお家です。

2-3.jpg

2-4.jpg

・広さ20畳、明るく開放的なリビング、ダイニング
広めのリビング、ダイニングは、日が差し込む明るく開放的な空間に。天井高を2600と通常より高めにとったため、より広く感じられるも嬉しいポイント。
 
2-5.jpg

2-6.jpg

・会話を楽しみながら食事の支度ができるオープンキッチン
キッチン周りも珊瑚の塗り壁です。ご家族との会話も弾む、気持ちのよいスペースとなりました。

2-7.jpg

・SIC、WICも備え収納力も抜群
玄関横にはシューズインクローゼット、3人が過ごす子ども部屋にはウォークインクローゼットを備え、収納力もばっちりです。

2-8.jpg

2-9.jpg

施工事例は今後もご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに!

【横浜・川崎エリア】港北区の魅力をご紹介します!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、横浜市、川崎市を中心に、自然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てるお手伝いをしています。
本日は、横浜市全18区の中で最大の人口を誇る「港北区」の魅力をご紹介します。
都心と横浜へのアクセスがよく、買い物にも困らない「港北区」は、アイズホームのお客さまにも人気が高いエリアとなります。

魅力その① 人気路線が複数通っている
横浜市港北区を通っている路線は、東急東横線、JR横浜線、横浜市営地下鉄、東海道・山陽新幹線という人気の路線ばかり。

1-1.jpeg

東急東横線は、みなとみらい線や東京メトロ副都心線にも乗り入れていますので、都心方面、横浜方面ともにアクセス抜群
JR横浜線は、東神奈川~八王子を結び、すべての快速、一部の各駅停車は、京浜東北線の横浜駅を経由して根岸線桜木町駅・磯子駅・大船駅へ乗り入れているので、横浜方面へのアクセスがばっちり。
そして横浜市営地下鉄。こちらは、グリーンライン、ブルーラインの2路線が港北区内を通っています。いずれもお隣、都筑区にあるセンター北やセンター南にアクセスでき、子育て世代に人気の大型ショッピングモールや映画館にアクセス可能です。

魅力その② ショッピング施設や公園が充実
中でも東急東横線の日吉、綱島、大倉山駅周辺は人気の高いエリア。商業施設が多く古くからの商店街も残ることから、買い物に困らないのはうれしいポイント。

1-2.jpeg

また、大倉山公園、岸根公園、鶴見川沿いに設けられたサイクリングロードや遊歩道など、緑や自然も充分に残されているのも魅力子育て支援施設も充実していることから、ファミリー世代にも人気というのも頷けます。

1-3.jpeg

全国の人気ラーメン店が集まる横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜)は全国有数の来場者数を誇っており、近場で気軽に話題のラーメンが食べられるのもいいですね。

いかがでしたでしょうか?
次回は、当社のホームタウン、鶴見区をご紹介します!

【お客さまの声】「家が変わると暮らしが変わる」を実感

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

当社で家を建ててくださったお客さま、横浜市鶴見区のY様。
完成後の、「生の声」をご紹介します。

8−1.jpg

アイズホームで家を建てようと決めたきっかけは?
Y様:子どもたちにとって、「実家」と呼べるマイホームを作りたい!との想いからスタートしました。知人を通じてアイズホームさんを知り、清水社長の家づくりに対する熱意、真心こもった丁寧な対応に「ぜひお願いしたい!」と決めました。

家づくりで大切にしたことは何でしょうか?
Y様:「家族が自然と集まる家」「友人が集まってくる家」をテーマにしました!限られた空間の中で一番こだわったのは「開放感のあるリビング」。家の中でもやはり、リビングは一番家族が長く過ごす場所。自然と人が集まり、みんなが寛げる空間にしたいと思いました。

家づくりで感じた不安は?
Y様:うーん、思い出せないですね。たとえ不安材料と思えるようなことが出てきても丁寧に説明してくださるし、速やかに対応いただけたのですぐに解消。今思い返しても不安に思ったことはほとんどなかったと思います。

新居に住んでみていかがですか?
実際に住み始めてわかったことは、想像していた以上に開放感のある生活空間になったな、ということ。以前の暮らしと比較して、家族全員がものすごくゆったりと生活できているな、と実感しています。住空間が変わると生活スタイルがこんなに変わるんだな、と本当にうれしい驚きでした!

【必見】これだけは抑えておきたい建築用語! Part.2

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

私たちアイズホームでは、お打合せの際にわからない点、疑問に思う点は何でも聞いていただくことが大切だと考えています。話しやすいアットホームな雰囲気を心がけ、お客さまの不安はその場で解消していただきながら家づくりを進めていきます。

ブログでは、できれば知っておいていただきたいなと思う建築用語も厳選して、少しずつご紹介していきます。前回に続き「【必見】これだけは抑えておきたい建築用語!」の第2回目です。

7-1.jpeg

防火地域・準防火地域
防火地域・準防火地域とは、都市計画法において「市街地における火災の危険を防除するため定める地域」として指定されるエリアです。駅前や建物の密集地、幹線道路沿いなどで多く指定されており、プラスで建築コストがかかるので事前に注意が必要です。
火事に強いというと鉄筋コンクリート造をイメージしますが、木造住宅でも、準耐火建築物であれば条件付きで家を建てることが可能です。防火地域の場合、2階建て以下(地下含む)で延床面積100㎡以下、準防火地域の場合、3階建て以下(地下除く)、延床面積1500㎡以下であれば建てられます。

市街化区域、市街化調整区域
市街化区域」は市街化を図るべき区域、「市街化調整区域」は市街化を抑制すべき区域で、都道府県ごとに定められています。「市街化調整区域」では宅地開発などが制限されるため、原則として住宅を建てることはできません。

7-2.jpeg

二項道路とセットバック
幅が4m未満で、建築基準法で「二項道路」に定められている場合、この道路に接した敷地に家を建てる場合は、道路中心線から2m以内には建築ができないという制限があります。セットバック(後退)させる必要があるので注意が必要です。

すみ切り
角地である土地の角を切り取って、道路状にすることを言います。幅が6m未満の道路に面し、角度が120度未満の角地の場合、角部分に建物や壁を建てることはできません。(敷地面積には加わります)

いかがでしたか?
ご不明な点は詳しくご説明しますので、お気軽にお問い合わせくださいね。