マイホーム計画に"本当に"役立つ資料をお送りしています!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

どちらのハウスメーカーさんも自社の家づくりを知っていただくために、ご希望の方に資料をお送りしていると思います。当社も例にもれず、「資料請求」のフォームにご入力いただいた方に資料をお送りしています。

自社のサービスを自慢するようで恐縮ですが、アイズホームの資料は本当にいいんです!
マイホーム計画を立て始めたばかりの方には、ぜひとも!読んでいただきたい資料です。
と、それだけでは当然ながら何が「いい」のかわからないと思いますので、簡単に内容をご紹介しますね。

アイズホームの資料は4種類
6-1.jpg
資料請求をしていただくと、4冊の冊子をお送りします。
まずは当社の家づくりを知っていただくためのパンフレット。アイズホームの家づくりに対する想いや事業内容、これまでの施工事例を写真つきでご紹介しています。
いずれもご自身のライフスタイルに合った注文住宅で、オリジナリティあふれるデザインばかり。マイホームのイメージづくりにお役立ていただけるパンフレットです。

資金計画について
6-2.jpg
次は、「図解でわかる 絶対に損したくない人のための家づくり資金計画<永久保存版>」と題した小冊子。
家づくりにかかるお金や資金調達、資金計画について詳しくご説明しています。
例えば、家を建てるには本体工事だけでなく付帯工事費用もかかることをご存知でしたか?
また、家を持つことで支払いの義務が生じる税金の種類もたくさんあります。
家に関するお金のことを網羅しているお役立ち冊子です。

土地探しについて
6-3.jpg
マンガでわかる 一生安心して暮らしたい人のための土地探しのコツ<永久保存版>」と題した小冊子もお送りしています。
家を建てるためには土地が必要不可欠。条件に合った土地を手に入れるために必要な知識が、こちらの資料には詰まっています。
よい土地と悪い土地の見分け方や、周辺環境の調べ方など、買った後に後悔しないためのポイントが事細かに書かれており、目から鱗が落ちること間違いなし!
万が一起きてしまったご近所トラブルについての調整の仕方まで書かれていますよ。

間取りについて
6-4.jpg
最後に「図解でわかる ホッと落ち着く空間がほしいひとのための間取りのルール<永久保存版>」です。
効率のいい部屋の配置の仕方、部屋の役割に適した設計デザイン...
これから先、何十年と暮らす家の間取りを考えるための基礎知識が詳しく書かれています。
家族みんなが心地よく過ごすために、ぜひこちらの資料で間取りの基本的な考え方を知っていただきたいです!

いずれもたっぷり20ページ以上のボリュームですが、かわいらしいイラストでわかりやすく説明されており、楽しく読み進められます。
マイホーム計画を立て始めたばかりの方は必読です!ぜひアイズホームに資料請求してくださいね。

あけましておめでとうございます!~2022年の抱負~

あけましておめでとうございます!アイズホームの広報担当・清水なおみです。
2022年最初の投稿は、社長のご挨拶からお届けいたします!

1.jpeg

あけましておめでとうございます。
昨年も新型コロナウィルスがおさまらず、仕事の仕方や業務形態に大変なご苦労を掛けましたが、皆さんの多大なる協力を得ることができ、無事に新しい年を迎えることができました。
完全なる終息が見えない中、日本や世界を取り巻く経済環境にも大きな打撃は避けられず、難しい経済環境がなかなか改善されない状況にあるのは、我が社だけではありません。
ただ一方では、ワクチンの接種が進み、感染者が少なくなり、緊急事態宣言がひとまず終わるなど、わずかながら明るい兆しもあります。

弊社アイズホームもこれまでの「感謝の心を大事にする」、「チャレンジしてゆく」、「王道で行く」という基本理念を再認識し、今年もいろんなことにトライして、この新しい年がより佳き年になるようがんばってまいりたいと考えております。
皆様にとっても、新しい年が輝ける佳い年になりますよう心より祈念致しまして、私からの年頭の挨拶とさせていただきます。
今年もよろしくお願いします。


2022年もお客様との出会いを大切にしながら、アイズホームらしい丁寧な家づくりに励んでいきます!
ブログやSNSでも積極的に発信していきますので、チェックしていてくださいね。

年末のご挨拶~今年1年ありがとうございました~

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

今年も残すところあとわずかとなりましたね。
2021年は引き続き新型コロナウイルスの影響が強く、世界中でさまざまなことを試みる年だったように感じます。
アイズホームではブログをリニューアルしたり、オンラインセミナーを開催したり、新しいことに挑戦した年でもありました。

今回は今年最後の投稿ということで、社長の清水よりご挨拶をさせていただきます。

image003.jpg

師走の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染症により、影響を受けられた皆さまに心よりお見舞い申しあげます。

皆様におかれましては今年1年どのような年でありましたでしょうか?
弊社では、ウッドショックや部材の高騰による影響を非常に大きく受けた年でありましたが、皆様のご支援やご愛顧によって今年も無事業務を終えようとしております。
新型コロナウイルス感染症の猛威もいったん収まるかに見えましたが、新型株の出現など、年末年始は残念ながら、その影響が収まらないまま迎えることになりそうです。
弊社では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、引き続き社内での感染予防策にしっかり取組んでまいります。

年の瀬を迎え、本来でしたらお客様のもとへご挨拶にお伺いすべきところでございますが、感染拡大の防止とお客様の健康と安全を確保することに重点を置き、誠に勝手ながら、クリスマス・年末のご挨拶を控えさせていただきます。
来年、新型コロナウイルスの猛威がおさまり、皆様と対面によってしっかりご挨拶ができますよう心から祈念し年末のご挨拶とさせていただきます。
時節柄、体調を崩されないようにどうぞご自愛くださいね。
来年もよろしくお願い申し上げます!


年末年始の休業は12/29(水)~1/4(火)とさせていただき、2022年は1/5(水)より営業いたします。
今年1年ありがとうございました。皆様どうぞ、よいお年をお迎えくださいね。

間取りが子どもの「脳力」を育てる! オンラインセミナーのご案内

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

こちらでも以前ご紹介させていただいたように、アイズホームでは「子どもの脳力を高める家づくり」に力を入れています

参考記事
「家の間取りから幼児の『能力』の高め方を考える」
https://www.ishome.yokohama/diaryblog/2021/10/post-73.html

「子どもが生まれたことがきっかけでマイホームを検討し始めた」
というご夫婦が多いことからもわかるように、子育て世代の家づくりへの関心はとても高いですよね。
実は、子どもの脳力を高めるためには、家の間取りが大きく影響するんです!
家づくりを検討し始めた子育て世代のご夫婦のために、当社ではオンラインセミナーを随時開催しています。
家のことはもちろん、間取りが子どもの脳力開発に影響する理由を詳しく知ることができるセミナーです!

お申し込みはこちらから
https://www.ishome.yokohama/

4.jpeg
※画像はイメージです

例えば、敢えて子ども部屋をつくらずに、リビングに設けたスタディーコーナーで学習する「リビング学習」。集中力や思考力を高めるといわれています
また、「子どもの脳力開発にはママの家事動線が大きく影響している」「正方形よりも長方形のリビングのほうが脳の発達に好影響を与える」という研究結果も!
リビングだけではありません。
睡眠が大切なことは周知の事実ですが、寝室の建材の使い方で成績を上げる効果が得られるということはあまり知られていないのではないでしょうか。
よい睡眠をとるための寝室のつくり方も、当社が気を配っている設計のひとつです。
他にも、「シューズクロークのある家で育つと将来年収が高くなる」「共働き夫婦が子育てのために気をつけたい間取り」「木の家が脳に好影響を及ぼす理由」などなど、子育て世代のご夫婦が気になる情報がたくさん!

マイホームづくりを検討し始めたばかりの方、お子さんが生まれてアパートが手狭になってしまったという方、コロナ禍でも安心のオンラインセミナーをぜひ1度受けてみてください
これからの家づくりの参考になること間違いなしです!

お申し込みはこちらから
https://www.ishome.yokohama/

定休日の水曜日以外は随時開催中ですので、ご都合のよろしいお日にちに受けていただけます。ぜひご夫婦でご参加くださいね。

皆様のお申込みお待ちしております!

港北区の魅力をお伝えします Vol.5

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、横浜市、川崎市を中心に、自然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てるお手伝いをしています。
今回は、横浜市全18区の中で最大の人口を誇る「港北区」のご紹介Part5。今回は「文武両道」が実現する港北区の魅力をご紹介します。

7-1.jpeg

まず、スポーツが大好きなお子さん目線から。港北区には日産スタジアムをはじめ、大型のスポーツ競技場がたくさんあります!区民に親しまれている港北スポーツセンターには3つの体育館とトレーニング室、屋外にはテニスコートもあるなど充実していますし、トレーニング室の利用料も大人が300円、子どもは100円とリーズナブル。高額なジム通いは不要で、家族みんなで気軽にトレーニングできるのも魅力です。

また、神奈川県は横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレなどサッカーの強豪チームが多いことでも有名です。当然、子どものサッカーチームもレベルが高く、大倉山を拠点とする大豆戸FCは全国でもトップクラスのクラブチームの一つです。
日産スタジアム周辺にはサッカーパークも多く、サッカーを本気でやりたいお子さんにとってはとても魅力に感じるのでないでしょうか?

7-2.jpeg

スポーツだけでなく、港北区は教育意識が高いご家庭が多い傾向にあります。
東横線の日吉、綱島、大倉山周辺は学習塾など子ども向けの施設も充実しており、「文武両道」が叶うエリアとして人気です。実際、綱島と大倉山の間に位置する大曽根小学校などは人気が高く、この学区を狙って引っ越しを考えるご家庭も少なくないようです。

スポーツも勉強も頑張りたい!というお子さまにおすすめの港北区。ぜひエリア探しの参考になさってくださいね。

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

日々、家づくりの研究を続けています

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームでは社長の清水をはじめとして、社員全員が家に関わる最新の話題やニュースを常にチェックし、より良い家づくりの研究に全力で取り組んでいます

3-1.jpeg

他の建て売り住宅のトラブルでよく見聞きするのが、まだ築年数が浅いのに「結露が多い」「壁がはがれてきた」「雨漏りがする」などの声です。
見た目はおしゃれでデザインが素敵でも、耐久性の面でこのようなトラブルが出てきてしまうのは大問題です。

当社では、このような家づくりに関する問題点や課題に対処し、より良い家づくりをするために、
2019年4月には、「一般社団法人住まいの屋根換気壁通気研究会」に加盟、
2020年1月、「MXエンジニアリング主催 第3期 松尾和也式 エコハウス塾」に入塾、
2020年12月、「一般社団法人 住宅医協会 加盟 住宅医スクール」に入校
2021年1月、「M's構造設計 佐藤実先生主催 構造塾」「 MXエンジニアリング主催 第4期 松尾和也式 エコハウス塾」に入塾
するなど、日々家づくりの研究を続けています。

3-2.jpeg

家の耐久性をいかに高めるか、さらに高気密・高断熱な家、全館空調のシステム、耐震問題やそれに関わる構造計算、耐震リフォーム・・・など、家づくりは常に新たな技術の習得が欠かせません
アイズホームは、お客さまが安心、安全に住むことができる家をご提案するために、最新の最もいいと思う技術をご提供しています。
家づくりでご心配、ご不安な点があれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

「横浜健康経営」認証に申請しました!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、このたび横浜市が募集する、令和3年度「横浜健康経営」認証の申請を行いました!

2-1.jpeg

企業経営において、「働きやすい環境づくり」は今大変重要なキーワードとなっています。
コロナの影響により、時差通勤やテレワークの導入も避けては通れない問題。アイズホームでは可能な部署で積極的にテレワークも進めています

そして、健康経営に取り組むということは、SDGsの「すべての人に健康と福祉を」の取り組みにつながります。さらに、社内にしっかりと浸透し、定着していくことによって、SDGsの「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」の目標達成にもつながっていくことになります。

2-2.jpeg

アイズホームは、健康経営に取り組み、SDGsの目標達成に向けた経営を行っていきます。
そもそもアイズホームで働く社員が健康でなければ、お客さまにご満足いただける家を建築することはできません。
「アイズホームにしてよかった」と言っていただけるよう、アイズホームはこれからも進化していきます。

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

港北区の魅力をお伝えします Vol.3

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、横浜市、川崎市を中心に、自然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てるお手伝いをしています。
今回は、横浜市全18区の中で最大の人口を誇る「港北区」のご紹介Part3です。
前回ご紹介した「買い物に困らない」に続いて、今回ご紹介する魅力は「自然たっぷりの公園が充実している」こと。
駅から歩ける距離にある、おすすめの公園をご紹介します!

1-1.jpeg

大倉山公園
東急東横線「大倉山駅」から徒歩7分の距離。坂の上にあるので見晴らしもよく、自然をたっぷりと楽しむことができます。梅の名所として知られ、園内には約220本の梅の木が。毎年2月頃には「大倉山観梅会」が開催され、多くの来場者で賑わいます。ドラマのロケで使われることの多い「大倉山記念館」も必見です。

綱島公園・綱島市民の森
綱島駅から近い綱島公園は、大きな広場や小さいお子さんも遊べる遊具、お砂場がある公園。広場の端には「モッキー」という名のログハウスの冒険施設もあります。
お隣には「綱島市民の森」も。遊具などはありませんが、子どもと手軽に森を体験できるのでおすすめです。


1-2.jpeg

岸根公園
横浜市営地下鉄ブルーライン「岸根公園」駅から徒歩1分と、アクセス抜群の運動公園。横浜駅からも4駅、9分で到着します。園内には、広々とした芝生広場、生き物がたくさん生息する篠原池の他野球場もあり、とにかく広大な敷地です。
子供達に人気の「忍者とりで」や「ひょうたん原っぱ」など、1日中思いっきり遊べる公園です。

日吉本町鯛ヶ崎公園
東急東横線日吉駅からわずか1駅、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉本町」駅近くにあります。自然の山の斜面を生かした場所にあるので、気軽に山遊びや自然を楽しめる公園。遊具や広々とした広場で目一杯遊べます。
子どもが自分自身の責任で自由に遊ぶことを目的としたプレイパークも人気です!

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

新型コロナウイルス感染対策の取り組みについて

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

当社の、新型コロナウイルス感染対策の現在の取り組み状況についてお伝えしたいと思います。

5-1.jpg

まず、在宅勤務、時差出勤についてですが、昨年以来、実施可能な部署から随時実施しています。
社内では、毎日の検温、マスク着用、アルコール消毒の徹底の他、大容量の次亜塩素酸による空気清浄機を常時運転し、できる限りの対策をとって対応しております。

その上で、ご契約中・建築中のお客様に対しては、通常通りの対応を基本として進めさせていただいています。
スタッフはマスク着用・アルコール消毒の徹底、お客様へもマスク着用・アルコール消毒、換気計画の協力をお願いし、極力スケジュールに遅れが出ないように進めているところです。

また、お引き渡し後のお客様の定期点検、補修工事なども、上記と同様の対策をとった上で、点検スケジュールに遅れが出ないよう努めております

そして、ご契約前のお客様、これからご面談をスタートいただくお客さまについては、Web面談を基本とさせていただいています。
ただし、「できれば対面でお話したい」というお客さまには柔軟に対応しておりますので、ご遠慮なくお知らせいただければと思います。
その際は、スタッフはマスク着用・アルコール消毒の徹底、お客さまへもマスク着用・アルコール消毒、換気計画のご協力をお願いすることとなりますので、宜しくお願いいたします。

日々刻々と状況が変化しておりますが、今後も状況に合わせて速やかに対応してまいります。
ご不便をおかけすることとなり大変恐縮ですが、今後もよろしくお願いいたします。

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

港北区の魅力をお伝えします Vol.2

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、横浜市、川崎市を中心に、自然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てるお手伝いをしています。
今回は、横浜市全18区の中で最大の人口を誇る「港北区」のご紹介Part2です。
港北区の大きな魅力といえば、「買い物に困らないこと」。地元密着の商店街から、大型ショッピングセンターまで大変充実しているのが特徴です。
以下、ご紹介します!

・大倉山、綱島、日吉駅前に広がる商店街
港北区で人気の公園、大倉山公園の最寄り駅である東急東横線大倉山駅。駅前から綺麗に整備され、「オリーブ」「レモン」「エルム」と3つの商店街が続きます。
東横線沿線では、綱島駅、日吉駅も駅周辺を中心に大きな商店街が広がっていて買い物に困りません。日吉駅前には「日吉東急avenue」もあり便利です。

2-1.jpg

・トレッサ横浜
東急東横線綱島駅、またはJR横浜線新横浜駅から車で10分ほどの場所にある大型ショッピングセンター。1階に大型のスーパーSANWAが入っており、品揃えが豊富で人気。ファッション、生活雑貨から子ども向けのお店まで充実しています。
実は弊社アイズホームの所在地はトレッサ横浜の真横!めちゃくちゃ近いです(笑)


・キュービックプラザ新横浜、新横浜プリンスぺぺ

2-2.jpg

東海道新幹線の駅でもある新横浜駅は、JR横浜線、市営地下鉄も通るターミナル駅。その新駅直結の「キュービックプラザ新横浜」は、10階建ての大型ショッピングセンターで、日用品からファッション、生活用品まで揃います。
また、駅から徒歩2分、新横浜プリンスホテルに隣接する「新横浜プリンスぺぺ」も、地下1階は食料品フロア、1階から4階まで多くのテナントが入っておりお買い物を楽しめます。5階から9階に800台収容の駐車場があるのも魅力です。

以上、港北区のお買い物スポットについてご紹介しました。
今後も、横浜、川崎の魅力をお伝えしていきまのでお楽しみに!

詳しい情報については以下リンクにあるホームページトップから見ることができますので、ぜひゆっくりご覧ください。
https://www.ishome.yokohama/

【横浜・川崎エリア】港北区の魅力をご紹介します!

皆さんこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。

アイズホームは、横浜市、川崎市を中心に、自然素材を使ったこだわりの注文住宅を建てるお手伝いをしています。
本日は、横浜市全18区の中で最大の人口を誇る「港北区」の魅力をご紹介します。
都心と横浜へのアクセスがよく、買い物にも困らない「港北区」は、アイズホームのお客さまにも人気が高いエリアとなります。

魅力その① 人気路線が複数通っている
横浜市港北区を通っている路線は、東急東横線、JR横浜線、横浜市営地下鉄、東海道・山陽新幹線という人気の路線ばかり。

1-1.jpeg

東急東横線は、みなとみらい線や東京メトロ副都心線にも乗り入れていますので、都心方面、横浜方面ともにアクセス抜群
JR横浜線は、東神奈川~八王子を結び、すべての快速、一部の各駅停車は、京浜東北線の横浜駅を経由して根岸線桜木町駅・磯子駅・大船駅へ乗り入れているので、横浜方面へのアクセスがばっちり。
そして横浜市営地下鉄。こちらは、グリーンライン、ブルーラインの2路線が港北区内を通っています。いずれもお隣、都筑区にあるセンター北やセンター南にアクセスでき、子育て世代に人気の大型ショッピングモールや映画館にアクセス可能です。

魅力その② ショッピング施設や公園が充実
中でも東急東横線の日吉、綱島、大倉山駅周辺は人気の高いエリア。商業施設が多く古くからの商店街も残ることから、買い物に困らないのはうれしいポイント。

1-2.jpeg

また、大倉山公園、岸根公園、鶴見川沿いに設けられたサイクリングロードや遊歩道など、緑や自然も充分に残されているのも魅力子育て支援施設も充実していることから、ファミリー世代にも人気というのも頷けます。

1-3.jpeg

全国の人気ラーメン店が集まる横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜)は全国有数の来場者数を誇っており、近場で気軽に話題のラーメンが食べられるのもいいですね。

いかがでしたでしょうか?
次回は、当社のホームタウン、鶴見区をご紹介します!

【新装開店】新生アイズホームブログがスタートします!

皆さまこんにちは!アイズホームの広報担当・清水なおみです。
5月より新たにアイズホームブログがスタートします!

家作りは基本的に、一生に一度の重大イベント。
せっかくなら納得のいく家にしたいですよね。
そんな重要な家づくりに役立つようなノウハウ豆知識などを発信していきます。
週2回、しっかり定期更新していきますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです!

記念すべきリニューアル第一回目は、アイズホームの紹介をさせていただきます。
アイズホームは1990年に、横浜・鶴見の地で生まれました。
1-1.jpeg

代表の清水貴成は以前、輸入建材の卸販売を行っていました。
その中で家づくりへの思いが年々強くなり、一念発起してアイズホームを創立。
いい家づくりとは何か?
その1点にこだわり続けた結果、おかげさまで25年以上にわたり、お客様の理想の家作りに携わらせていただいております。
1-2.JPG


アイズホームが長年力を入れているのは、「素材にこだわる本物の家づくり」。
外装・内装ともに天然木をふんだんに使用し、木のぬくもりや豊かさ、美しさが十分な感じられるような家を建ててきました。
人に安らぎを与えてくれる「」を生かした住まいは、家族のライフスタイルに快適さをプラスしてくれるでしょう。

その上で、癒やしの空間がより長もちするよう、私どもの提供する住宅の最低水準を「認定低炭素住宅仕様」や「長期優良住宅仕様」にて提案。
高気密・高断熱の「夏に涼しく冬に温かい」家を建て、30年〜40年後でもあなたの家族を守るような「資産」として残る家にこだわっております。

「木の癒やし」×「高性能」×「機能性」=アイズホームの住宅なのです!

次回はそんなアイズホームの「誕生秘話」をご紹介します!
ではまた次のブログでお会いしましょう♪